【保存版】Compass Card これだけ知れば大丈夫!

保存版

image

Compass Card マニュアル

Compass Card の 「使い方」

日本からの皆さんには「Suica」「Icoca」「manaka」などでご利用されているものとほぼ同じ使い方をします。

バスは「乗る時」のみ 1回

スカイトレイン・シーバスは「乗る時」「降りる時」の 2回 

カードをタップします。

ポイント !

465323バス利用者は全て「1ゾーン」バスに乗ってバンクーバーからバーナビーやリッチモンドへ行っても「1ゾーン」の料金で大丈夫。スカイトレインを利用すれば「2ゾーン」になります。
465327同じゾーン内でスカイトレインは90分以内乗り放題!バスはどのゾーンに行っても90分以内に乗車するなら何度でも乗り放題
465330平日18時30分以降、週末と祝日 一律 1ゾーン料金

img_5715

Compass Card の 「買い方」

 

購入場所
465323スカイトレイン各駅の販売機
465327ロンドンドラッグ 店舗マップ

【購入方法―駅販売機―】
画面で日本語表示を選択
新規コンパスカード を選び購入する。 1枚$6です。
その際、1か月定期を買ったり、お金をチャージしておくこともできます。

スライドショーには JavaScript が必要です。

【1か月定期料金】
1ゾーン $91
2ゾーン  $124
3ゾーン  $170 
新規コンパスカードと1ゾーン1か月定期を買うと$97となります。支払はクレジットか現金($50、$100札は使えません)

ポイント !

465323Monthly Pass(1か月定期)を購入する場合 利用できる日は月のはじめから終わりまでで、例えば、29日に購入しても、翌月1日からしか利用できませんので注意。
465327カードに「残高を追加する」をタッチしてお金を$10とか$20チャージしておくことにより、バスやスカイトレインの支払いをCompassカードで行うことができ、現金で支払って切符を買うと、$2.75のところ、カードですと$2.10ですみ、65セントお得になります。
465330お金をチャージしておくともう一つのメリットとして、ゾーンをまたいで乗車した場合、追加料金をいちいち払わなくても自動的にチャージしたお金から差し引いてくれます。

注意 !

もし、お金がチャージされてなくて、そのままバスやスカイトレインに乗ってしまった場合やゾーンをまたいで利用した場合の追加料金をカードの預り金$6から差し引かれた場合に、カードには「お金が不足している」という情報が記録され、次にバス、スカイトレインに乗ろうとしても、赤い画面に X が表示され、バスやスカイトレインに乗ることができません。たとえ定期を買っていてもカード上「不足」していれば定期は有効になりませんので注意してください。

パソコンから追加もできますが、その場で対処するには

・スカイトレインの場合は切符販売機で「残高を追加する」をタッチして、$10 (最低金額)をチャージ
・バスの場合は「現金」を支払って乗ることになります。
Compass Card トリビア

465323降りるときにタップし忘れると、3ゾーンのチャージがされますのでご注意ください。また、Monthly利用者も降りる際にタップし忘れるとチャージされていますので注意です。
Monthlyでタップアウトし忘れて、3ゾーン分の料金がチャージされた場合は、ヘルプセンター604-398-2042に電話してください。
465327スカイトレインに乗る時は、必ずタップすること。そうしないと、車内で点検を受けた際にタップされていない場合、不正乗車とみなされ、罰金を課せられます。
465330一旦タップした後に、キャンセルをしたい場合はタップしてから21分以内に同じ駅でタップすればお金はチャージされずに済みます。
465332駅やターミナルで購入した “COMPASS TICKET” でスカイトレインやシーバスからバスに乗り継ぎは可能ですが、バスで発行されるチケットでは、そのままスカイトレインやシーバスには乗り継げませんので、「再度」チケットを買う必要があります。
465335帰国やCompassカードを使わなくなった場合は、スタジアム駅にあるカスタマーセンターで返金を受けることができます。ただし、残りが$20 以下となります。それ以上の残りがある場合は郵送等での返金請求となります。

Compass Card Compass Card 登録

BalanceProtection 

Compass Cardを https://www.compasscard.ca/RegisterCompassCard からネット登録をして、カードの盗難や紛失からお金を守れます。また、ネット上で、チャージしたりすることもできます。

詳しい情報は、Translink公式サイトを参考にしてください。

この記事が「役だった」らシェアしてください

こんな記事も読まれてます。