いよいよ「生ウニ」の季節到来だ!

unidon

寒い季節を迎えるバンクーバー

となると
shitteiruka

「ウニ」が美味しい季節到来

バンクーバーで味わえる「ウニ」は日本のと、一味も二味も違う 「クスリ」臭くないんだ!

バンクーバーのウニ  について語っちゃうぞ

 バンクーバーでは、バンクーバー島・クイーンシャーロット島などから、11月~2月辺りまで良好な状態のウニが漁獲されるんだ。だからこの時期、レストランでは、ローカルもののウニが多く見られ、そしてローカルならではの「ライブウニ」(ウニの殻のままでレストランに販売されるもの)も登場してるんです。同じく、12月にはバフンウニが顔を出しますが、それほどローカルレストランには販売されてません。それは漁獲量がとても少ないことと、価格が通常のウニ(ムラサキウニ)よりも高いこと、また、日本の業者に優先的に販売される背景があるんですね。

ご存知のようにウニは、全世界で800~900種ほどあり、そのうち16種類が食用となります。日本だと「バフンウニ」なんて呼ばれたりしますよね。実際、私たちが「ウニ」を食べる折は、ウニのイガイガの殻を割った中身を食べるんですが、これはウニの生殖巣(精巣・卵巣)なんです。それとウニにも雄と雌がありますが、その区別は殆どつかず、また、雌雄一体のものもいるようですよ。

 それぞれの国・地域で漁獲されているんで、「旬」の時期も一定ではなくって、栄養分を多く蓄えた産卵期前であれば、美味しく食べることができ、逆に、産卵直後のものは、生殖巣が貧弱で、苦味が増したり、形の崩れたものが多くなるんです。

ここバンクーバーではこれからが「ウニ」の「旬」なんですよ。しかも「採れたての新鮮な生ウニ」ですから、あの「ミョウバン」のクスリ臭さもないんです。 (資料 Fukahiro Fish Co Ltd)

だから、
「新鮮」で何度食べても

umai

是非、この季節、食べてみてください。by Oops!編集部

taberu

checkウニ丼をおいしく食べられるお店を紹介

kyzocklogo海賊(Pender X Seymour)ウニ丼

unidon海賊はお勧めですよ~お店はPenderとSeymourにあります。オーナーシェフはカズさん。お世話になった人も多いのでは。。。


自宅の食卓で「ウニ丼」を、と言う方には、「ウニ」をグラム売りしているお店をご紹介。

fujiyalogoここで「ウニ」買えます。

入荷時期や品切れがありますので要注意です。


さて、バンクーバーでおいしい「ウニ丼」を食べたり、「ウニ」のグラム売りを買ったりすることはできました。 でも、

okuru

と言う人がいたりしますよね。この「美味しい」ウニを日本のご自宅に宅配しいる会社をご紹介します。

SEABORN が「ウニ」を
日本に宅配します。
SEABORN では今、獲れたて「ウニ」をすばやくパックし日本へ空輸。そのまま各ご家庭へ直送。獲れたての旨さをお届けしています。

使いやすい小分けパック内容量:200g(100gトレイx2)トレイの各ブロックに2枚の「うに」が入っています。

■期間限定 お申込締切日: 2015年11月8日(日)
■お届け予定: 11月中頃の予定(多少前後することもあります)
■値段:(送料込み)
100gX2=$70 100gx4=$110

■お問合せ:

604-324-7166

「Oops!うっぷす で見た」とお伝えください。

または 以下のフォームにてお問合せ・ご注文をお願いします。折り返しご連絡を差し上げます。

お名前

メールアドレス (必須)

電話番号

現在のお住まい
日本カナダ

お問い合わせ内容 (必須)


こんな記事も読まれてます。