カナダ政府Family Class申請書審査プロセス期間短縮化を誓う

10400138121731744

6月13日にカナダ政府は現在審査プロセス期間が長期化して問題となっている永住権申請カテゴリーのFamily Classの審査期間の短縮化をはかることを発表しました。
特に力を入れるのが、Spousalカテゴリー です。

Spouse/Common-law partnerカテゴリーの国内申請プロセス期間は26ヶ月と2年以上です。

国内申請を選択した場合、申請者は就労許可証 (Open Work Permit) が取得できる利点がありますが、カナダ国内における一時滞在資格期間が2年以上もあるため、カナダでの安定した生活基盤をなかなか築くことが難しい状況です。

2016年度のFamily Classにおける永住権認可数は前年度より14,000増え、62,000も予定されています。

プラス、審査期間短縮をはかるために予算を2,500万ドル増加したとのことですので、現在の国内申請プロセス期間26ヶ月の改善は時間の問題ではないでしょうか。

申請書類の不備はたださえ長い審査期間をさらに長くしてしまいますので、申請書類郵送前には入念なチェックを怠らないでください。また、お子様の誕生などの家族構成の変更、住所の変更、雇用先の変更など、申請時点と異なるスタータスが発生した場合は、すぐにIRCCに報告してください。

平良ゆり

平良ゆり

2007 年UBC にて経営学修士(MBA)を学ぶために渡加。当時5 歳と8 歳の娘2 人を連れ、知り合いの全くいないバンクーバーにてシングルマザーとしての子育て& MBA プログラム両立は想像を超える厳しさ。卒業後は自身の経験を活かし、移民・キャリアコンサルティング会社を設立。UBC キャリアプログラムでのインタビュー指導、カナダ・日本でのキャリアワークショップ、そして個人インタビュートレーニングも行う。2011 年にはBC 州公認キャリア指導者に認定。カナダ政府公認移民コンサルタントでもあり、移民を見据えてのキャリアカウンセリングが定評。 Shine Canada #618-602 W. Hastings St.Vancouver, BC V6B 1P2 Tel: 604-828-9804 Fax: 604-648-8504

こんな記事も読まれてます。