『ちらし寿司』ポットラックにも最適!誰にでも喜ばれる

日本人だけでなく、カナダ人にも「お袋の味」として絶大な人気を誇っているナオミ先生のスペシャルちらし寿司です。ポイントは、すし酢の味加減。それぞれお好みのレシピでお試しください。

基本の寿司ご飯 4人分

 米 3+1/2 カップ、 水 4カップ (←電気釜に ついているカップで計量)
米は炊く2〜4時間前に洗い、ザルで水を切っておく。
【 関東風】
酢 125ml 、砂糖 大さじ1+1/2、塩 大 さじ1
【関西風】
酢 125ml 、砂糖 大さじ5、塩 小さじ1
【バンクーバー風】
酢(Heinz Vinegar)125ml 、砂 糖 大さじ8、塩 小さじ2
  ①米を炊飯器で炊く。  ②酢、砂糖、塩を全部混ぜて、弱火にかける。
  ③砂糖が完全に溶けたら火から降ろし、炊き  たての熱いご飯にかける。
  ④うちわで扇ぎながら、ご飯が冷めるまでさっくりと混ぜ合わせる。

ちらし寿司の具

錦糸卵 (*前日に焼いておきます)
  卵 6 個、砂糖 大さじ4、塩 小さじ1/2、醤油 小さじ1、酒 大さじ1
   ①卵、砂糖、塩、醤油、酒を混ぜる。
   ②約375℃に熱したホットプレートに薄く油  をひき、少量ずつに分けて手早く両面を焼く。
       ③冷蔵庫で一晩置いて、翌日細く切る。

シイタケ
  干しシイタケ 大きめのものを10 個くらい、砂 糖 大さじ6、塩 小さじ1/2、醤油 大さじ5 
  ①干しシイタケをぬるま湯で洗い、たっぷりの水につけて戻す。
  ②シイタケをもどした水にたっぷりの水(シイタケの上に5cm かぶるくらい)を加えて、弱火で柔らかくなるまで煮る(約1時間)。
  ③砂糖、塩を加え、30 分くらい煮る。
  ④醤油を入れて仕上げる。(醤油を入れると固くなるので、必ず最後に入れること!)
*煮汁は、タケノコ・ニンジンを煮るので、多めに残るようにしておきます。

タケノコ、ニンジン
タケノコの缶詰(String タイプ)1 缶、ニンジン 中1本、シイタケの煮汁
 ①ニンジンは、グレイターの大きな歯で削っておく。
 ②シイタケの煮汁を熱くして、タケノコの缶汁をきって入れる。
 ③タケノコに火が通ったらニンジンを加え、サッと火を通して柔らかくなったら、ザルにあげて汁気をきっておく。

 ・グリーンピース
冷凍グリーンピース 約1 カップ
 ①鍋に湯を沸かし、塩少々を入れ、サッと湯通ししてザルにあげ、水で手早く流して色を鮮やかにしておく。
 

仕上げ

寿司ご飯の中に、シイタケ、タケノコ、ニンジンをさっくりと混ぜ込む。最後にグリーンピースをつぶさないように混ぜ入れ、錦糸卵をたっぷりトッピングする。

先生のここがポイント!

👉錦糸卵は、前日に作っておくときれいに細く切れます。写真のように少量ずつ(幅5 センチ・長さ15 センチくらい)焼きます。
👉シイタケは、たっぷりの煮汁で煮てくださいね。この煮汁でタケノコとニンジンも煮てしまうので、とっても簡単です。


清水ナオミ

清水ナオミ

25 年間ニューウエストミンスターで、カフェを経営。ホームメイドのメニューはどれもローカルの人々に『おふくろの味』と絶賛される腕前。毎回日本人の口に合うカナダ料理や、カナダの食材を使ってできる日本の味などを、先生の長年研究してこられたレシピの中から紹介していただきます。
ブログ:Naomi's Cafe Vancouver
FB:Naomi’s Cafe Vancouver

こんな記事も読まれてます。