『がまん』を教える

k1

『がまん』を教える

子供のしつけにおいて最も大事なことの1つは『がまん』を教えることです。

 小さな頃からがまんを教え、自分の気持ちをコントロールできるようにしておくことは、子供の社会性を育てることになります。
 子供が2歳になったら『小さながまん』をさせましょう。子供がしたがること、してほしいことを何でもすぐに聞き入れるのではなく、『今、手が離せないからもうちょっと待ってね』などと少し待たせるだけでオッケーです。
この小さながまんの積み重ねによって、だんだん大きながまんができるようになっていきます。4c5a5dbe9f2ccd297f2121146871c60c_m
 また、約束をしたり、決まりを作ったりすることも、子供のがまんの心を育てます。例えば『5時になったら帰ろうね』『絵本を3冊読んだら寝ようね』などと具体的に決めることが大事です。この時、『約束を守らなかったら、お母さんはそのことを叱りますよ』と事前に伝えておくことが必要です。そして、もし子供が駄々をこねても、すぐに許して子供の思うようにしてはいけません。『約束をしたことは守る』という厳しさをもって対応しましょう。
 最初は、駄々をこねていても、『ぐずぐず言ってもお母さんは聞いてくれない』ということがわかれば、子供は一度で聞くようになります。最初が肝心です。
 がまんを教えることに付随して、もうひとつ大事なことがあります。それは時計の見方を教えることです。日頃から時計の長針に注目させ、5分、10 分、20 分などが感覚的にわかるようにしておきましょう。そうしておけば、『5分だけ待って』『15 分になったら始めよう』『時計の針が6になったら教えて』などと、具体的な約束をしながら時計の針の読み方も教えられて一石二鳥ですね。

Shichida Kids Academy of Canada リッチモンド校OPEN !
#600-4400 Hazelbridge Way Richmond V6X3R8
TEL 604-273-8004  shichida.richmond@gmail.com

 


高橋 容子

高橋 容子

SHICHIDA KIDS ACADEMY of CANADA 校長。日本で 17 年、カナダで4年の七 田式教育指導経験を持つ。小学校教員免許や保育士資格、カラーセラピスト・アー トセラピスト・ベビーサイン・日本語教師など数々の資格を持ち、様々な角度から 子どもの指導にあたる幼児教育のスペシャリスト。 HP:www.shichidacanada.com TEL: 604-566-9757

こんな記事も読まれてます。