CEC申請資格について

Canadian Experience Class (CEC)の申請条件
一年間カナダで就労経験があること

CECの申請資格を満たしていれば、カナダ永住権申請プログラム「Express Entry」へ登録することが可能になり、カナダ永住権取得への道にもつながります。
LMIAを通して取得した就労許可証(Work Permit)の有効期限内であれば、Express Entryにて追加の600ポイントも取得することができますので、更にカナダ永住権に近づくことになります。

しかし、ワーホリなどでカナダ就労経験が無い方は、この「一年」という期間を満たすには一年間有効のWork Permitの場合、期限日までフルタイムとして働かなければならないため、新たなLMIAが必要になってしまいます。

CECでは2週間以内の休暇であれば、一年間(52週間)就労したと計算されるのですが、全く有給休暇などを取らずに就労し、50週もしくは51週間の就労を終えたらCEC申請資格を満たすのでしょうか?答えは「No」です。

CEC申請資格
申請から過去3年以内にNOC 0、 A、 Bレベルのスキルドワーカーとして
1)週30時間以上のフルタイム就労
2)12ヶ月間の就労

必須です。

ですので、
1年間フルタイムとして就労した時間と同等の就労時間を50週目で得ていたとしても、12ヶ月間の就労を終えるまでは申請資格が発生しません。つまり、12ヶ月間(52週間)の給与明細がCEC申請資格には必要となるということです。

CECで求められる英語力はNOC Bレベルのポジションであれば「CLB 5」と、NOC 0、 AレベルもしくはFSWで求められるCLB 7(IELTSでは全てのバンドで6.0)よりも低く設定されているので、英語力がなかなか伸びない方にとっても有難いプログラムでもあります。
IELTS/CELPIPでCECに必要な英語力を満たしても、Express Entry申請時にLMIAを通して取得した就労許可証(Work Permit)の有効期限が切れていれば600ポイントは加算されないだけに、申請時に有効なWork Permiを保有するためにLMIA申請が必要な方はお早めに申請準備をされることをお勧めします。

平良ゆり

平良ゆり

2007 年UBC にて経営学修士(MBA)を学ぶために渡加。当時5 歳と8 歳の娘2 人を連れ、知り合いの全くいないバンクーバーにてシングルマザーとしての子育て& MBA プログラム両立は想像を超える厳しさ。卒業後は自身の経験を活かし、移民・キャリアコンサルティング会社を設立。UBC キャリアプログラムでのインタビュー指導、カナダ・日本でのキャリアワークショップ、そして個人インタビュートレーニングも行う。2011 年にはBC 州公認キャリア指導者に認定。カナダ政府公認移民コンサルタントでもあり、移民を見据えてのキャリアカウンセリングが定評。 Shine Canada #618-602 W. Hastings St.Vancouver, BC V6B 1P2 Tel: 604-828-9804 Fax: 604-648-8504

こんな記事も読まれてます。