一献献上 Vol.24
8月・葉月(はづき)「避暑」と「納涼」

sakeColumnLogo

8月・葉月(はづき)
 8月の別名は葉月、穂張月、仲秋などと様々ですが、落葉し始める月ということで、葉月と呼ばれるようです。立秋(8月7日)からが、暦でいう秋の始まりになります。つまり、今月から秋とはいうものの、まだまだ厳しい暑さが続きそうです。日本では、西日本豪雨が発生し、多くの方々が被災されました。被害に遭われた皆様に心よりお見舞い申し上げます。

「避暑」と「納涼」
 今年は、日本各地で連日記録的な酷暑が伝えられています。そこで『避暑』『納涼』について少し考えてみました。
 「避暑」とは、「夏の暑さを避けるため、涼しく過ごせる場所へ一時的に行くこと」だそうです。「この夏、避暑地の軽井沢へ行きます」のように、暑さから逃れる行動そのものを意味し、それに対し「納涼」とは、夏の暑さを避けるために、涼しさや過ごしやすさを工夫し、涼しさを味わう知恵ということになるでしょうか。
 以前、京都の夏の風物詩として『納涼床』についてお話ししましたが、市街を流れる鴨川沿いに桟敷を設え、夏の旬な食材を使った京料理と日本酒で京都の蒸し暑い夏を、粋に過ごす工夫が『納涼床』というわけです。

夏の暑さを楽しむ日本酒の飲み方
 ここで暑い夏にぴったりの冷酒を楽しむポイントを、少しお話しします。冷やすと喉越しが良くなり、飲みやすくなるので飲み過ぎには注意してくださいね。
  ●冷酒の飲み頃温度は約5〜15℃(銘柄により温度を調整)
  ●お好みの酒器を選ぶ(ぐい吞み、馬上杯、ワイングラスなど)
  ●酒器も冷蔵庫などで冷やす
  ●原酒は氷を入れ、オンザロックで飲む

 日本人は昔からその土地で工夫を凝らし、素晴らしい季節を「言祝ぐ」知恵がありました。「納涼」は、厳しい夏を過ごすための知恵や文化だと思います。まだまだ厳しい残暑は続きますが、美しい夏に一献献上!


AXIS PLANNING

AXIS PLANNING

日本酒や梅酒をカナダへ輸入するバンクーバー拠点の貿易会社。京都伏見・齊藤酒造の日本酒やチョーヤ梅酒はカナダ地元でも人気。商品に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。
axisplan.com 604-681-9271

こんな記事も読まれてます。