「直感力」は鍛えれば鍛えるほど高くなる!

sun1

第14 回「直感力」は鍛えれば鍛えるほど高くなる!

  私たちは生まれつき、とても高い直感力(intuition) が備わっています。 なので、何か問題が起こったときは、あなたの直感をまず一番に大切にしてください。目を閉じて、深呼吸して心を落ち着かせ、何かを思うのではなく、ただ感じてみてください。直感とは、特別な理由がなくても、心の中で「確信」として湧き上がってくるものです。何かに確信が持てたら、もう理由はいりません。それを信じ、行動を起こしてみてください。そうすると、ほとんどの場合、問題は解決の方向に動き出します!

 ここで覚えておいていただきたいのは、あなたの周りに起こりうる「 問題」は、あなたが作ったのですから、あなたに解決できることしか起こりません。もちろん、 何があなたの問題になるかは、あなたの今置かれている状況、 持っている素質、そして知識や経験で大きく異なってきますが、解決策は、あなたの中に必ずあります。ですが、あなたが直感に耳を傾けられず、解決策も思いつかず、行動になかなか移せない場合もあります。 それは特に、「人の目が気になる」あるいは「誰かに頼りたい」と不安に感じている時に起こりやすくなっているかもしれません。

■人の目が気になる、人に甘えたい
 ずっと人の目が気になっていたり、人に甘えたいと思っている人は、親がとても厳しかったか、すごく甘やかされたか、どちらか極端な育てられ方をした人に多く見られます。子供の頃はまだ経験が少ないため、自分の直感に従って行動します。ですが、親が批判的であった場合は、自分を表現することに蓋をしてしまっている可能性があります。また、構われすぎたり、できすぎる親に育てられた場合、何に関しても自分よりも親が1歩先にやってくれていた癖が付いているので、「親/ 他の人には敵わない」と自分の力を信じることができなくなっている場合もあります。そうすると、自分自身の直感や能力に対してとても不安を持ってしまい、 人の意見に身を委ねたり、周りの人から守ってもらいたいという気持ちが強くなります。また、周りに頼れる人がいなければ、 問題を解決するよりも、不安な感情を軽減することが優先するので、 不健康な人間関係に執着したり、問題を回避したり、行動することを先延ばしにしたりして、無意識の間にリスクを最小限にとどめようとします。

■あなたの「直感力」がどんな扉も開く鍵になる!
  「〜したらどうしよう」というのは将来に対する不安の声。それは直感ではありません。 直感は鍛えれば鍛えるほど磨かれるので、日頃から直感を高める訓練をしておき、いざという時、自分の直感を信じて行動できるようにしておきましょう。そうすると、 どんな重く感じる扉でもバーンと開くことができ、 ますます明るい光があなたに届くようになるでしょう!

Sunnyからお知らせ!
sun2
心理カウンセリング・スピリチュアル・カウンセリング/マクロビオティック・コンサルテーションは随時受け付中!

11月のMiracle セミナーのテーマは、「Angel Card を使って直感力を高める! リーディング力を磨く!」「原因不明の症状は、全ては首こりが原 因だった!? 首こりを直して、自律神経も整えちゃう!」編。です。詳細はウェブサイトから。

11月のワークショップJob Success のコツ:「自分らしさが見つかる!お仕事プラニングと未来デザイニング」

この記事がお役に立ちましたら「いいね」してください。


Sunny Chung

Sunny Chung

大阪府出身。BC州認定心理カウンセラー。 米国ワシントン州シアトル大学で心理学の学士号を取得。シアトルシティー大学院で経営学修士(MBA)取‬得。バンクーバーのアドラー大学院で心理カウンセリング修士課程(MCP)修了。過去10年間アメリカの企業や UBC で人事兼トレーニングマネージャーとして各部署のコミュニケーションを含め、色々‬な人間関係や仕事上での問題解決方法をコーチング。現在は、心理カウンセリングを通し、クライアントのエネルギーを読みな‬がら各自の潜在意識にアクセスし、コアのブロックを外し、人生をリセットするためにどんな「気づき」が今必要なのかを分かりやすく伝えている。‬またホリスティックライフコンサルタントして、マクロビオティック、東洋医学、心理学、脳科学、スピリチュアルなど‬を取り入れた独自のメソッドを確立。各種セミナーでは深い気づきをたっぷりの愛と笑いで与えている‬。

こんな記事も読まれてます。