褒め上手は、子育て上手

k1

褒め上手は、子育て上手

親がイライラしながら子育てをすると、親も子もストレスばかりを感 じ、子育てが苦痛になります。しかし少し見方を変え、その子の本来持っ ている個性や能力を育てることができるようになると、子どもは劇的に変 わります

子どもの長所をたくさん見つけ、努力や成長、良くできたこと を褒めて育てると、子どもは見事な成長を見せてくれ、さらには子どもと 親との関係がどんどんスムーズになっていくのです。

あるアンケートで『あなたのお子さんは何点ですか?』という質問を 子育て中の母親にしてみたところ、日本人は 70 ~ 90 点という答えが最 も多かったのに対し、欧米諸国の答えは 120 ~ 200 点、満点の 100 点 よりも高い点数でした。また、 『自分は優秀な母親か?』という問いに、 欧米では 60%が『そう思う』と答えたのに対し、日本ではたったの5% でした。

この結果からわかることは、

 日本人は何事においても『マイナス評価』 になりがちだ

ということです。

自分で勝手に高い基準を作り、それに達し ていないから不十分だと判断するのです。これは子育てにも当てはまり、 親が勝手に決めた高い基準と比べて、子どもを評価してしまうのです。

こ れでは、子どもの努力や頑張りを認めてあげることができず、子どもも自 分が認められないと感じて、やる気や自信を失っていきます。

しかし、

子どもにとっては何事も『ゼロ』から始まります。たとえ進歩が『1』だっ たとしても、それは確実に前進

なのです。

この『1』を見逃さず、認めて 褒めてあげられる母親が子育て上手なのです。

頑張りを認めてもらった子 どもは、次は『5』、その次は『10』と確実に前進を続けていくように なります。

しかし、実際の子育てでは褒めてばかりではいられないのも事実です。

子どものことで腹が立った時は、その場からいったん離れて自身の心を落 ち着けましょう。

そして子どもが落ち着いたら、泣き止めたこと、我慢で きたことを褒めて、しっかり抱きしめてあげましょう。

そうすれば子ども は次から、早く泣き止んで抱っこしてもらいたい と思うからです。


高橋 容子

高橋 容子

SHICHIDA KIDS ACADEMY of CANADA 校長。日本で 17 年、カナダで4年の七 田式教育指導経験を持つ。小学校教員免許や保育士資格、カラーセラピスト・アー トセラピスト・ベビーサイン・日本語教師など数々の資格を持ち、様々な角度から 子どもの指導にあたる幼児教育のスペシャリスト。 HP:www.shichidacanada.com TEL: 604-566-9757

こんな記事も読まれてます。