Shiro Japanese Restaurant
『弁当ボックス』ランチ、やっています。

 ご存知の方も多いかと思いますが、今回ご紹介するのは「Shiro」。ダウンタウンからはカナダラインに乗って「City Hall」駅で降り、市役所に向かってCambie St. を上り、16th Ave.を越えた小さなプラザの角に「Shiro」はあります。

 いつもは夕食時からお邪魔しているんですが、今回は「ランチ」を12:00~14:00までやっている、ということでお邪魔しました。「ランチ」メニューは『弁当ボックス』($9.99均一)が「チキン照り焼き」「唐揚げ」そして、「ビーフ」の3つ。今回のお目当ては「弁当ボックス」です。

12時になって入店「一番乗り」。テーブル、カウンターで44 席ほどありますが、一人だったのでカウンター席で邪魔にならないように腰かけ、目の前の板前のSさんからお話しを聞きました。聞けばSさん、以前は「公邸料理人」つまり日本の大使館や領事館で「シェフ」として働いていた、という経歴の持ち主とのことで、ビックリ。

そうこう話に花が咲いたところに、注文した「唐揚げ弁当ボックス」の到着。味噌汁付きです。

大き目の「唐揚げ」が5つ入っています。唐揚げの単品は「6つ」で$7.50。一方、天ぷら、サラダに、ごはんと枝豆がついている弁当ボックスが「$9.99」ですから超『お値打ち』です。味はもちろん「Shiro」ですから保証付き。食べ終わると、お腹いっぱいになります。

ここの唐揚げは日本風の「骨なし」の唐揚げなのがうれしいです。この骨なしで食べれるところって少ないので「何ででしょうね~」とSさんに聞いてみると、「骨付き と なし では肉の仕入れ値が違うんですよ。」確かにそうだ。。。「また出来上がりも骨付きの方が量が多く見えるし、手間もかからないんです」なるほど、とチキンを食べながら「目からウロコ」のお話で妙に納得でした。

「カナディアンには『アボカド ツナ』丼が人気ですよ。」とSさん。確かに隣の隣の席では丼を食べ終わったカナディアンがいました。他にもランチメニューの「握り」結構出ていました。

ディナーメニューとちょっと趣を変えた「Shiro」。ランチもいけますよ!
テイクアウトもあります。


こんな記事も読まれてます。