秋冬のバンク―バーは渡り鳥の観察シーズン!

空を見上げてみよう。
V字型に飛行する渡り鳥が、北の地から飛んでくるのを見つけることができる。

この時期におススメのスポットが、

The George C. Reifel Migratory Bird Sanctuary

Ladnerから西へ9Km、Delta のWestham IslandにあるこのSanctuary(保護区域)は、カナダでも有数のバード・ウォッチングのポイント。
300ヘクタール以上の土地には、池・沼・森などがあり、7Kmにも及ぶトレイル・ウォーキングができるようになっている。Sandhill CraneGreat Grey Heronなどの大型の鳥を見るチャンスも多く、ビギナーのウォッチャーでも十分に楽しめる。

バンク―バーは、渡り鳥の太平洋経路になっているので、秋~冬には北から飛んできた何百万羽もの鳥たちが、ここに降り立ち餌を食べ、休息する。

10月からは、鳥たちが次々と到着、バードウォッチングには最適のシーズンとなる。

空を埋め尽くすSnow Gooseの群れは、11月初旬がピーク。

入口のギフトショップに1週間内に見られた鳥の名前が書いてあるので、バードウォッチングの参考になる。
また、鳥用の餌が販売されていて($1)、足元のDuckたちだけでなく、ChickadeeRed-winged Blackbirdが直接手から餌を食べてくれるのも感激。
海側には金属のタワーがあり、遠くの島々を背景に広大な湿地や池を見下ろして観察することができる。Bird Blind(観察のための小屋)もあり、小さな窓から水鳥たちの自然な姿を見られる。

バード・ウォッチングだけでなく、ちょっとしたハイキングにも最高。週末には家族連れも多く訪れる。

毎週日曜日10amからドロップ・インのバードウォッチング・ツアーがあるので、鳥についてもっと知りたい!という方は、ぜひ参加してみよう。

(取材 原 京子)

IMG_5059

The British Columbia Waterfowl Society
Address: 5191 Robertson Road, Delta, BC, V4K3N2
Tel: 604-946-6980
Open: 毎日 9:00 ~16:00
www.reifelbirdsanctuary.com


アバター

原京子

フリーランス・ライター。1994年よりバンクーバー在住。カナダでの5人の子供の子育ての経験を通して、主婦として母としての視点から、タウン誌、雑誌、ウェブサイトなどに情報を発信中。ライターとして、たくさんの方々にお会いできることが人生の宝物。年を重ねるごとに、ますます「人」が愛おしく感じられている。

こんな記事も読まれてます。