『フレッシュ』なフルーツに出会う
BC州の田舎旅

Header_1

さくらんぼ杏子などが市場に出回る頃、ブリティッシュ・コロンビア州(BC州)の内陸部に位置するケレメオス(Keremeos)という町にドライブをかねて果物を買いに行ってきました。

 バンクーバー方面からハイウエイ(ルート3)を走り、ケレメオスの町に入ると、ハイウエイ両サイドの風景が桃、さくらんぼ、杏子など果樹園に変わります!太陽の光をサンサンと浴びた果物が鈴生りの風景は、田舎ならではの優しい風景です。

 果樹園によっては、フルーツスタンドを構えていて、新鮮な果物を購入できます。ラッキーな時は、採り立ての果物が果樹園から直送でくるので、果物は、素晴らしく甘くてジューシー!

今回の旅の目的は、さくらんぼと杏子の大量買い。

杏子は、ジャムに!さくらんぼは、甘酸っぱいコンポートにして、チェリーパイのフィリングに!
フルーツスタンドの店員さんが、「今の時期は、桃の第一回目の収穫が終わったところよ!」と、誇らしげに桃を出すので、結局、桃も一箱購入です。

  バンクーバーを出発して約4時間、ケレメオスのダウンタウンで軽い食事を済ませ、町の中をふらりと散策。マップの必要性ゼロのメインストリートなので、あまり期待しないでください。
|とにかく小さな町です。|
Keremeos Illustrated Map1

ハイウエイ(ルート3)に戻り、オソイヨス(Osoyoos)方面に10分ほど車を走らせると、右手にThe Grist Millという看板が出ています。

The Grist Mill

水車小屋を構えた歴史的建造物です。
創立者がイギリス人ということもあり、自然と調和がとれた庭園が、広がります。敷地面積が意外と広いので、散歩にも良い観光地です。
入園料は、大人一人、7ドル。10月10日まで、9:00-17:00まで開園しています。
イベントも開催しているので、訪れる前に、イベントカレンダーで確認することをお勧めいたします。

片道4時間でも、自然満載のドライブ。
窓を全開に開けて、お気に入りの音楽をかけて、カナダの夏を楽しんでください。

伊藤 のり子

伊藤 のり子

カナダ政府公認移民コンサルタント
B.A, M.Sc
Regulated Canadian Immigration Consultant (RCIC)
ホームページ http://www.studypermitcentre.com
Email:noriko@studypermitcentre.com

こんな記事も読まれてます。