社会人のマナー講座
第1回 第一印象・身だしなみの基本

m2

m1 社会人として働くために常識的なマナーを身に付けているかどうかが、就活の結果を左右します。

 人は1人では生きていけません。就活の時も入社してからも、多くの人と関わりま
す。より良い仕事をするためにも、円滑な人間関係を築きたいもの。

そのためには、互いに気持ちよく過ごすための思いやりの気持ちが大切ですが、気持ちはあってもうまく伝わらず、相手を傷つけたり、不快な思いにさせてしまったりということは誰しもありますよね。

より良い人間関係を築くための方法として受け継がれ伝えられているもの、
それが「マナー」です。

 今回は、日本帰国後の就活や職場で使える「これだけは!」という基本的なマナー
ですが、社会人としての日常のお付き合いにも使えるマナーです。

せっかくの仕事・毎日の生活を快適に進めるためにも、マナーを身に付け、より良い人間関係を築き、気持ちよく豊かな毎日を送りませんか? 

就活・面接・仕事に活かせるマナーのポイントを身に付け、思い描く結果を掴みましょう!

★外見・中身、どちらが大切? 第一印象であなたの人柄まで判断される!?

人の印象は視覚で捉えた情報でほぼ決まります。

人は外見より中身が大切と言われますが、残念ながら、外見の印象で人柄まで勝手に判断されるということは少なくありません。

面接官のほとんどが、求人応募者が部屋に入ってきてすぐに大体のことが判断できると言っています。

そう、第一印象は数秒で決まってしまうのです。そして、その印象は長時間持続すると言われています。m3

第一印象が良いと、この人と話したい、もっと理解したいと、よりスムースなコミュニケーションに繋がります。

逆に、印象があまりよくないと、あなたの良さを分かってもらう前に判断され、次のステップに進めないということも起こりえます。とても残念だと思いませんか?

 第一印象アップのポイントは3つ。

①表情、 ②服装、 ③挨拶。
それぞれ確認していきましょう。

①より良い第一印象につながる表情

表情は好感度を左右します。

豊かな表情は好感度アップ! 逆に、無表情は、不機嫌な人、とっつきにくい人と捉えられがちです。

口元は口角を上げ気味に、すると、自然と目元も優しくなります。家で鏡に向かって素敵な表情を研究してみてください。

はじめはぎこちなくても、自然な笑顔が作れるようになります。面接会場の建物に入ってから出るまで、表情には気を付けてくださいね!

ふとした拍子に、無表情な怖い顔にならないように! 

②身だしなみは無言のメッセージ 

面接や職場では、不快感を与えず、多くの人に受け入れてもらいやすい「身だしな
み」が大切です。

あなたの意識が身だしなみに表れます。

身だしなみを整える際のポイント

1. 清潔感 2. 健康的 3. 機能的

であること。

下の表を参考に、身だしなみを整えてください。面接会場に入る前に、お手洗いなど
で再度身だしなみチェックをするのもいいですね。

 次回は、 ③挨拶、そして、立居振る舞い・所作について一緒に考えたいと思います。

m4


高橋泰代 

高橋泰代 

大学卒業後、私立一貫校の教員を経て、夫の勤務に帯同しバンクーバーに滞在。帰国後、人材教育企業に勤務し、講師業をスタート。企業・行政向けにビジネスマナーをはじめ、コミュニケーション力・マネージメント・コーチングに関する研修を多数企画・担当。就職支援・相談にも活動の分野を広げ、現在に至る。

こんな記事も読まれてます。