『メープルシロップ』のお話し

syrup

メープルシロップが「大豊作」

maple-709982_1920

カナダの名産として「メープルシロップ」はお土産の1位、2位となるものですが、ご存知のように、カエデの樹液を取り出して、それを「シュガーシャック」と言われる小屋の中で沸騰、濃縮して作ります。
樹液は、2–4月の春先、寒暖の差が最も大きくなる季節に、直径 30 センチメートル以上の木に小穴をあけて採取されます。 1リットルのメープルシロップを作るためには40リットルの樹液が必要になるそうです。

2016年はたくさんの樹液が採れ

「こんなにすごい豊作は今まで見たことがない」

と生産者を喜ばせているそうです。

スライドショーには JavaScript が必要です。

2016年の春先は

凍る期間・解ける期間を頻繁に繰り返す、メープルシロップ生産にとって理想的な天候

だったとのことで、2016年度に作られたメープルシロップの量は6,722万kgに上り、過去最高記録をした2013年の5,456万Kgを2割以上を超える収穫になったとのことです。

6,722万kg ってどのくらい量かと言えば
オリンピック競泳プール24杯分に相当する量
缶入りメープルシロップ9,000万個弱に相当する量


こんな記事も読まれてます。