「恵方巻」って何もの?

747dbd58a188dc00a5354683e85bc30e_m

編集長の中村です。節分となれば、「鬼」と「豆まき」

福は内、鬼は外 のあれです。子供のころは「どこに鬼がいるんだろ~」「福は内、鬼は外って言いながら豆まきって、ちょっと恥ずかしいや」なんて思い出があります。畳の上に「バラバラ」と落ちる豆の音も懐かしく思い出されます。

ところがここ10年くらいは「鬼」よりも

f66440ef687296a78e748057ee4fe270_m

恵方巻  これって何もの?

これが私の長年の 「大きな」疑問になっていたんです。見る限り、これって「太巻き」ですよね。 

私が移民して15年経ちますが、これは今では「節分に食べる文化」になっているようですね。
自分が日本にいるとき、「恵方巻」というしろものを食べる習慣を知らなかったんですが、何か、日本ではこの節分の時期になるとコンビニやスーパー方面から、この「恵方巻」が登場してくるようですね。

そもそも「何もの」

何か「節分のために特別に作られた具材を使った巻もの」なのかどうか、これが一番知りたかったこと。

で、この疑問を解くべく調査隊を結成して、調査開始。
と言っても ウィキペディア と Yahooの知恵袋の調査ですが、、、
ウィキは何んだかんだとウンチクが多いので、ザックリと知恵袋を私としては採用しました。

恵方巻は、ただの関東で言う太巻!

なるほど、と激しく「納得」
ただ、切って食べるんじゃなくってそのままで食べるんですね。

この「太巻き」を切らずに食べるのは子供ころにやりたかったひとつです。
お母ちゃんがかぶりつけるようにこっそり1本のままくれたのを覚えています。あのころから「恵方巻」を食べていたんだ~

太巻き、おっと、節分時期には「恵方巻」大好き!です。
バンクーバーでも作ってみます。


中村鋭司

中村鋭司

Oops 運営の責任者。

こんな記事も読まれてます。