一献献上Vol.33
新元号「令和」の始まり

sakeColumnLogo

新元号「令和」の始まり
 5月1日に皇位の継承が行われ、30年続いた「平成」の時代に終わりを告げ、新元号「令和」に時代が改められました。この新元号の出展は、これまでの中国の漢籍から求めず、初めて日本最古の歌集『万葉集』から引用されたそうです。「令和」に込められた意味は、「悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともに、それぞれの花を大きく咲かせることができる。そうした日本でありたいとの願いを込めた」と安部首相は会見で述べていました。

初春の令月にして・・・
 新元号の出展となったのは、万葉集「梅花の歌三十二首」序文の一節「時に、初春の令月にして、気淑く風和らぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫らす」から引用されました。これは「初春のめでたい良い月に、さわやかな風が柔らかく吹き、梅は美しい女性がおしろいをつけているように白く咲いて、高貴な人が身につける香り袋のように薫っている」と詠っているのです。万葉集の作者は皇室や位の高い人だけでなく、さまざまな身分の人の詩も多く編纂され、民衆の普段の生活や考えが深く反映されている国書だと言えます。「令和」がこのような日本の古典から引用されたのは大変興味深いのではないでしょうか。

御神酒(ごしんしゅ*)
*神様に奉納してから我々が頂く際には読み方が変わり、「おみき」と呼びます。  
 お伊勢さんとして親しまれる三重県の伊勢神宮は、数ある神社の中でも皇室と特に深い関係があり、皇室の祖神「天照大御神」が祀られています。その境内に「御酒殿」という神宮の神事で使われるお酒が納められているお社があり、そこには「神饌」という神棚へのお供え物があり、御神酒に添えて新鮮な海川山野の産物や塩と水が毎日朝夕2回神殿へ供えられます。そのすべての供物は自給自足され、御神酒を醸すお米も伊勢神宮の神田で作られているそうです。
 新しい時代が始まりました。我々日本人が古来大切にしてきた美しい四季の自然と、大切にしてきた我々日本人の中にある「和」のこころです。「和を以て尊しと為す」ですね。新しい時代「令和」に一献献上!


AXIS PLANNING

AXIS PLANNING

日本酒や梅酒をカナダへ輸入するバンクーバー拠点の貿易会社。京都伏見・齊藤酒造の日本酒やチョーヤ梅酒はカナダ地元でも人気。商品に関するお問い合わせはお気軽にどうぞ。
axisplan.com 604-681-9271

こんな記事も読まれてます。