ビザの切り替えよく使う、 国境に関するワンポイント英会話

今日の話題は【国境】です!
国境は英語でborderです。

日本人には正直なじみがないですが、
他の国では陸続きなので、とてもなじみのある言葉なんです。
例えばバンクーバーで日本人同士の会話
「明日どこ行くの?」
「ボーダーいく」
「なにしに?」
「ビザの切り替え」

はよく耳にします。

じゃあこれを英語にすると?

ボーダーに行くだと
I’m going to go to the border tomorrow.
なら、ボーダーにビザを切り替えに行くだと
I’m going to go to the border to change my VISA tomorrow.
または
I’m going to go to the border to get my new VISA tomorrow.
でも通じますね。

borderだけだと境目って意味ですが、
ビザってワードを出すと、国境のことねってすぐにわかります!

カナダは多国籍の方が多く、移民国家なのでビザのことやパスポートのことが話題になることがちょくちょくあるんですよ。
普通に国境って言いたいときは「どことどこの国の」を言わないといけないので、
the border between Canada and the U.S.
例えばシアトルに行くときにボーダーを超えるのに時間がかかるってときは
It usually takes time to go across the border when going to Seattle.
ってなりますね。
across+名詞 で 〜を越えるというニュアンスも伝えられます。
※実際にシアトルに行く際にボーダーで時間がかかります。

ちなみに、
ビザを切り替えに行けるバンクーバー ダウンタウンから近いボーダーは、
ホワイトロック (White Rock)近くにあるPeace Archと
ポイントロバーツ(Point Roberts)です。
電車とバスで行くことができ、ダウンタウンから片道1時間半から2時間ぐらいです。しかも乗り継ぎが簡単なんです!
【行き方詳細】
https://www.abroadcanada.com/info/visachange/
ちなみに、途中に大きなアウトレット  Tsawwassen Mills  があります!
ホワイトロックスの方は、街の観光ついでに行くならいいかもしれませんが、シアトルに行く人もここを通過するので時間がかかるんですよね。

※2020年7月16日現在は国境は封鎖中です。
ビザの切り替えもできませんのでご注意ください。
カナダの入国制限も続いています。入国制限・カナダ渡航については
カナダ政府からの通知を待ちましょう!

Vector

Vector

ビギナーから上級者まで、英語を徹底して指導し、短期間に英語力を「劇的」にアップさせる学校。
http://www.vectorinternational.ca/

こんな記事も読まれてます。