TOEICって何? 仮定法

image1 「仮定法」と聞くだけで、「学生時代に習ったけれども難しかったなあ」と苦い思い出のある方もいらっしゃるのではないでしょうか。  
 そもそも「仮定法」とは何でしょうか。文字通り「仮に~だったら、 ~なのに…」でも事実は、異なるということです。
それでは、求人条件 に「TOEIC のスコア800 点以上」と なっている会社に800 点がないため に志願できない気の毒な状況を使っ て、仮定法過去・過去完了の概念を まとめてみましょう。

1. 仮定法過去現在の事実に反する  
If I achieved 800 on the TOEIC, I could get the job.(800 点あるなら、 その仕事に就けるのに)
事実:現在、私は800 点持っていま せん。だからその仕事には就けない。
仮定法:もしも仮に(ここが仮定法 です!)800 点あるとすれば、その 仕事に就けるのに…。という現在の 苦境に立っているお話です。
2. 仮定法過去完了過去の事実に反 する  
If I had achieved 800 on the TOEIC, I could have gotten the job.(800 点 あったならば、その仕事に就けたのに)
事実:当時、私は800 点持っていなかった。だからその仕事には就けなかった。
仮定法:もしも仮に800 点あったとすれば、その仕事に就けていたのに…という昔の苦い思い出のお話です。

ポイントは、これだけ!

①主節の助動詞はいつも過去形…すなわちcould、would、might など
②「見かけで決めない!」パートナーを選ぶ時と同じです。
外見は、優しそうでも、実は内面はとても厳しい人のようなイメージを描いてください。
つまりこれを仮定法にあてはめると、
仮定法過去は、if で始まる文の中の動詞は、過去形ですが(これが先ほどの外見=見かけです)、話の内容は、現在の話(これが、人に例えた内面です)です。
仮定法過去完了は、if で始まる文の中は、文字通り過去完了を使います。話の内容は、過去のことを言及しています。

それでは、問題をやってみましょう。

1. If you —— your reservation 24 hours in advance, you will not be billed.
(a) cancel (b) cancelled (c) will cancel (d) cancellation

toeic3

 TOEIC で出題されるものは、この問題のようなパターンです。If で始まる文、すなわち条件文を受ける文(主節)の時制は、助動詞の現在形になっているのに注目してください。
あれあれ、今までの仮定法の説明(助動詞は過去形を使う)とは違うではないですか。そうなんです。
実は、仮定法の問題に見せかけた単なる条件文です。中学校で習った”If youturn right, you will fi nd the bank.”(右に曲がれば銀行が見えるでしょう)を思い出してください。
これと同じ考え方で、今回の問題も現在形の動詞を選びます。
よく間違えるパターンは、まだキャンセルはしておらず、これからするので未来形を選ぶ間違いです。

もし、未来形なのか現在形なのか迷った時は、人間関係のルールを思い出してください。「同じタイプの人よりも違ったタイプの人に魅かれる」主節は、you will not be billed とwill が使われているので、同じものは選ばないということです。
正解は、(a) で訳は、「前もって24時間前に予約をキャンセルしていただければ、請求はいたしません」

toeic1

● bill(名詞)請求書=invoice
We settled the bill for the Christmas party.(クリスマスパーティーの請求の支払いをした。settle=pay は、「精算する」という日本語に訳されることも多いです。
(動詞)請求する= charge
Please bill the company for any business expenses.(仕事の経費は会社に請求してください)


西浦美枝子

西浦美枝子

TOEIC 専門校 Able English Studies 校長
バンクーバーにある TOEIC 対策 専門校 Able English Studies で日本 人の生徒さんたちの英語力アップ・ TOEIC のスコアアップの一役を担う べく日々奮闘しております。

TOEIC 専門校 Able English Studies

こんな記事も読まれてます。