ELS Language Centers 大学への進学もいいぞ!

カナダの大学や専門学校に進学を考えているならここ!

  ELS は、アメリカ、カナダ、オーストラリア、インド、マレーシアなど世界中に60 以上のキャンパスを持ち、50 年以上の歴史がある語学学校です。カナダ国内のキャンパス間、もしくはアメリカのキャンパスへも編入が可能ですので違う街や国で生活してみたい方にもお薦めです。
 600 以上の大学、カレッジ、専門学校と提携を持ち、ELS の規定のレベルを終了するとそのまま希望する大学へ進学ができることから、進学のエキスパートでもあります。特にカナダでは、日本人進学専門アドバイザーが無料で学校選びから申し込み手続きまでお手伝いしますので安心です。

  

  ELS では進学希望者向けの「アカデミックコース」と、英語を基礎からしっかりと学びたい方向けの「一般英語コース」の2つのコースがあります。
 アカデミックコースでは、進学後に必要となるスキルであるライティングに特に力を入れて学び、上級レベルになると大学の授業さながらのエッセイやプレゼンテーションの課題が出され、大学入学後もスムーズに大学生活が送れる準備ができるようになっています。
 一般英語コースでは、テスト結果や講師から見て各学生の弱点と思われるスキルを集中して学んでいただけるよう構成されています。教科書はELS 独自のものを使い、各レベルごとにそのレベルで知っておくべき単語がつまった単語帳が配られるのも特徴です。単語力がないと感じている学生にはとても喜ばれています。
 ELS は一般的な語学学校と比較すると、勉強量も授業時間数も多く、本気で英語を学びたい方、またはカナダでの進学を考えている方に最適な語学学校と言えます。

ELS カウンセラー Kyokoさん 
  ELS カナダでは進学を目標とした学生が多いため、皆さん半年から1 年の長期でお勉強に来られています。そのためとても意識が高く、毎月のレベルアップのためのテストに対しても真剣に臨まれていますね。進学は視野にない方でも、社会人の方、大学を卒業したばかりの方などが、ただ話すだけの英会話ではなく、ビジネスに使える英語、読み書きがしっかりとできる英語を学びたいと希望されてELS に入学される方が多いです。
 最近では、ELS でレベル109 を終了してカレッジへ進学、その後4 年制の大きな大学に編入される方が増えています。カレッジや大学に進学、と聞くと、とても自分には無理だと思う方もいますが、ELS なら英語力がつくだけでなく、進学後の大学の授業にもちゃんとついていけるスキルも身に付けられますので、安心です。
 また勉強ばかりでなく、放課後や週末のアクティビティも充実しています。これからのシーズンは週末のウィスラースノボー日帰りや、アイスホッケーの試合観戦なども多くなりますね。すべてのアクティビティにはELS の学生たちの良きアドバイザー、そしてカナダのお兄さん的存在であるBrent が付き添いますので、より安全に楽しむことができるんです。英語をしっかり勉強したい、読み書きを上達させたい、と思う方はぜひ一度トライアルにいらしてください。

Yuiさん 
 私がELS を選んだ理由は、授業のカリキュラムが整っており、自身の英語力を大いに磨けると思ったからです。
 実際に入学するまでは、スピーキングが非常に苦手だったため、友達ができるか、授業についていけるかなど、不安と緊張でいっぱいでした。しかし実際に入ってみると、教員やスタッフの方々がとても親切で一気に不安がなくなりました。
 また、ELS を選んで良かったことは、世界中に友達ができたことです。ELS では平日の学校帰りにスクールアクティビティがあり、そこでクラスの枠を超えて、多くの友人を作ることができました。彼らのおかげで、たくさんの国の文化や宗教について知ることもでき、視野が広がるだけでなく、異文化を受け入れていく心も大きく開いていきました。ELS での出会いが、私の人生を大きく変えるきっかけになりました。

エージェントから

ELS の第1の特徴として、「真面目に勉強する」学生が多い、という点です。他の学校に比べて、このELS を通して「大学」を目指す学生が多く、半年、1 年と留学してくる学生が多いです。なんと言っても「提携」する大学の多さに驚きます。カナダの大学はもちろんのこと、アメリカの大学にも行けます。それはこの学校がアメリカに60 以上のキャンパスを持っている、ということが大きな理由と言えるでしょう。国際色も大変豊かです。アカデミックに勉強をしたいという人にはお薦めの学校です。 ( アブロードカナダ 中村)


ELS お問合せフォーム

お名前

メールアドレス (必須)

電話番号

現在のお住まい
日本カナダ

体験入学の希望
希望する希望しない

お問い合わせ内容 (必須)


こんな記事も読まれてます。