ワーホリ抽選の当選者
たったの『70名』

2018年のワーホリビザ申請の抽選が先週ありました。

受付が2017年11月に開始されたのにもかかわらず、今回までの抽選回数がたったの「2回」。最初が「4名」の当選で、今回は「70名」の当選者を出しているものの、2000人を越えるワーホリビザ申請者が未だに当選しない事態が続いています。
先々週に当選確率が「Very Low」から「Fair」に変わったので『期待』したんですが、また今週は『Very Low』に逆戻り。
申請者の中には1月に31歳の誕生日を迎える人もいて、その人達は「年齢制限」で速攻アウトになってしまいます。
全く持って、『意味不明』の状況が続いている「2018年ワーホリビザ申請状況」です。


中村鋭司

中村鋭司

20年に渡り、アブロードカナダ留学・ワーホリセンターを経営。バンクーバーで一番長くカウンセラーとして第一線に立つ。「困ったらアブロード」と留学生・ワーホリの強い味方となっています。

こんな記事も読まれてます。