「未来が不安で仕方ない!」ときの処方箋

sun1

第38回 「未来が不安で仕方ない!」ときの処方箋

将来のことを考えるととても不安。「 英語は話せるようになっているか なぁ」、「お金は足りるかなぁ」、「就職はあるかなぁ」、「今の会社でこれからもやっていけるかなぁ」、「今の彼・彼女と付き合ってても大丈夫かなぁ」、「幸せになれるのかなぁ」、「病気になってはいないかなぁ」…など不安なことを挙げるとキリがありません。

■不安が強い理由は、「コントロールできない」がストレスになっているから
 未来は見えないものですから、どんな人にでも突然「不安スイッチ」が入って当然! ただ、不安感が普通の域を超えてしまうと、「考えすぎて夜も眠れない」、「食べすぎる」、「長電話が止まらない」、「飲む量が増えた」など、「現在」の生活のリズムがガタッと大きく崩れてきます。ところで、なぜ人は不安になると、「〇〇しすぎる」という行動に出ると思いますか?  これを心理学的に説明すると、「〇〇しすぎる」ことで不安を「コントロール」しようとするからです。未来は現在ではないからコントロールできない。だとすると、 自分が手に届く範囲で何かをコントロールし、見えない未来に対する不安を発散しようとするのです。このような不健康な形で不安を解消しようとしている人は、親が過干渉、あるいは厳しすぎた可能性があります。もし過干渉や厳しい親に育てられていたのだとすると、自分の人生をコントロールできないイライラや不安を感じていたはずです。もしこれがあなたに当てはまるのだとすると、一度目を閉じて『私は未来のことが不安』ではなく『私はコントロールできないとストレスがめちゃめちゃたまる』と言葉を変えて、それがしっくりくるか感じてみてください。

■不安を楽にするには、とにかく今できる小さなことを大切に!
 想像してみてください。今あなたはロッククライミングをしています。 経験のあまりないあなたは怖いからこそ早く上に行こうとして、少し離れた上の岩に手を伸ばそうとしています。でも今度はどこに足をかけていいのか分からず焦ってしまい、落ちるのではないのかと怖くなり、フリーズしてしまいました。そうすると、経験のあるインストラクターが手足がかけられる一番近いところが教えてくれました。今度は落ち着いて近いところから1歩ずつリーチするようにすると、最後まで登り切れました。人生も一緒です。どこかに行こうと思えば、一番近くでリーチできるところから。まだまだ経験が浅い状態で上(未来)や下(過去)を見すぎると怖くなるものです! 
小さなリーチは安心と自信を生みますが、大きなリーチは不安を生みます。未来に対して不安になった時は、『今確実にできる小さなリーチは何だろう』と考え行動してみてください。そして小さな達成を積み重ね、信頼できる自分作りを怠らないでいると、未来の不安に対しても向き合える勇気が生まれてくるはずです。

Chung カウンセリング・オフィスからのお知らせ
BC 州公認臨床心理カウンセラー&カナダ公認サイコセラピスト:留学保険、海外保険など、各種保険受け付けます。20 分間無料心理カウンセリングあり!
あなたのギフトを最大に引き出し、最も輝き、強く、美しく生きられるよう、世界にここだけのカウンセリングを提供しています。スピリチュアルカウンセラー&クシマクロビオティック認定インストラクター。詳細はウェブサイトから。http://www.sunnychung.ca


Sunny Chung

Sunny Chung

大阪府出身。BC州認定心理カウンセラー。 米国ワシントン州シアトル大学で心理学の学士号を取得。シアトルシティー大学院で経営学修士(MBA)取‬得。バンクーバーのアドラー大学院で心理カウンセリング修士課程(MCP)修了。過去10年間アメリカの企業や UBC で人事兼トレーニングマネージャーとして各部署のコミュニケーションを含め、色々‬な人間関係や仕事上での問題解決方法をコーチング。現在は、心理カウンセリングを通し、クライアントのエネルギーを読みな‬がら各自の潜在意識にアクセスし、コアのブロックを外し、人生をリセットするためにどんな「気づき」が今必要なのかを分かりやすく伝えている。‬またホリスティックライフコンサルタントして、マクロビオティック、東洋医学、心理学、脳科学、スピリチュアルなど‬を取り入れた独自のメソッドを確立。各種セミナーでは深い気づきをたっぷりの愛と笑いで与えている‬。

こんな記事も読まれてます。