マニトバ州の小さな町「Morden」の移民プログラム

マニトバ州ノミニープログラム「MPNP」の「Manitoba Support」はマニトバ州在住の親類・友人がいることが第一条件ですが、そういった親類も友人がいない方はマニトバ州の小さな町”Morden”の移民プログラムへの申請を考えられてみてはいかがでしょうか。

Morden’s Community Driven Immigration Initiative (MCDII)

Skilled Worker Program申請条件
・年齢が21〜45歳
・カナダの他の都市との関係が無い(友人や親類がいたり、就労経験があったり、就学経験があるなど)
・1年以上のカレッジ・大学のプログラムを修了しディプロマ・修了証明書・学位を取得している
・過去5年以内に2年以上のフルタイム就労経験がある
・IELTS (General)にて5以上(全てのバンドにて)取得している
・Morden市への移住を真剣に考えている
・Express Entryにて定められている資金を保有している

現時点では、Express Entry登録者のみがこちらのプログラムに申請可能です。
MCDII申請時にはExpress Entryの登録番号が必要です。

申請プロセスの流れ
1)MCDIIに選ばれるとMorden市への招待を受けます
2)Morden市訪問時に、MPNP審査官とのインタビューを通してMCDIIに相応しいかどうかが審査されます
3)審査が通れば、MPNPへ申請できるInvitation to Apply (ITA)を受理します
4)帰国後、オンラインにてMPNPへ申請
5)申請が無事に通ればMPNPよりノミニーを受理
6)Express Entryアカウントに600 CRSポイントが加算
7)Express EntryアカウントにてInvitation to Apply (ITA)を受理
8)IRCCにPR申請
9)申請が通ればカナダ永住権を取得

「Manitoba Support」にて親類・友人が行う申請サポートをMorden市が行ってくれるのですが、年間約1,000件はある申請の中から選ばれるのは「50」のみ全体の5%ですからMorden市の審査が如何に厳しいかが伝わってきます。

しかし、Express EntryにてCRSポイントが低い方で、このようなカナダの小さな町(人口8,668/2016年現在)への移民に興味がある方にとっては最適なプログラムといえるのではないでしょうか。


平良ゆり

平良ゆり

2007 年UBC にて経営学修士(MBA)を学ぶために渡加。当時5 歳と8 歳の娘2 人を連れ、知り合いの全くいないバンクーバーにてシングルマザーとしての子育て& MBA プログラム両立は想像を超える厳しさ。卒業後は自身の経験を活かし、移民・キャリアコンサルティング会社を設立。UBC キャリアプログラムでのインタビュー指導、カナダ・日本でのキャリアワークショップ、そして個人インタビュートレーニングも行う。2011 年にはBC 州公認キャリア指導者に認定。カナダ政府公認移民コンサルタントでもあり、移民を見据えてのキャリアカウンセリングが定評。 Shine Canada #618-602 W. Hastings St.Vancouver, BC V6B 1P2 Tel: 604-828-9804 Fax: 604-648-8504

こんな記事も読まれてます。