ビザ延長申請をして、許可が来る前にビザの期間が切れた場合

新たな延長申請をした場合のImplied Statusについて

現在のカナダ一時滞在資格の有効期限が切れる前に、現在と同じ一時滞在資格の延長申請を行った場合、保有している一時滞在資格の有効期限が切れた後も延長申請の結果が出るまでは同じ一時滞在資格を保有することができます。

つまり、学生であれば継続して学校に通うことができますし、就労されている方であれば継続して勤務することができます。

保有している一時滞在資格の有効期限が切れた後から延長申請の結果が出るまでの期間の滞在資格は「Implied Status」と呼ばれています。

延長申請が認可された場合

新しく発行された一時滞在資格証明書(Visitor Record/Study Permit/Work Permit)に記載されている発行年月日が延長申請結果が出た日です。

延長申請が拒否(refused)された場合

延長申請結果が出るまでは一時滞在資格を保有していたとみなされます。

延長申請が却下(rejected)された場合

延長申請書類に不備があり、申請書類の審査が行われずに申請が却下された場合、保有していた一時滞在資格の有効期限が切れた日まで一時滞在資格を保有していたとみなされます

延長申請を行った後に、何らかの理由で別の一時滞在資格延長申請を行うケースもあります。

延長申請した後にまた更に別の延長申請を行った場合、最初の延長申請の結果が

認可された場合

新しい一時滞在資格を保有することになります。

拒否(refused)されたが、別の延長申請が受理された時点で保有している一時滞在資格がまだ有効である場合

その延長申請結果が出るまでは一時滞在資格を保有している(Implied Status)とみなされます。ただし、その2回目の延長申請が拒否された場合は一時滞在資格が失効(Out of Status)となります。

拒否(refused)され、別の延長申請が受理された時点で保有していた一時滞在資格の有効期限が切れていた場合

Implied StatusではなくOut of Statusとみなされます。2回目の延長申請はRestoration申請費($200)が含まれていないため書類不備として審査は行われません。

書類不備のため却下(rejected)された場合

申請書類が申請者のもとへ返送されてきます。この場合、延長申請書類は受理されたとみなされませんので、Implied Statusを得ることはできません。保有している一時滞在資格の有効期限までが一時滞在資格となります。

異なる滞在資格の延長申請をした場合
現在のWork Permitの有効期限が切れる前にWork Permit延長申請を行えば、同じ就労環境・条件のもと就労を継続することができますが、Work PermitではなくStudy Permitへの切り替え申請を行った場合は、現在のWork Permitの有効期限が切れた後は就労をストップする必要があり、且つStudy Permit申請結果が出るまでは学校に通うことはできません。
「Implied Status」はカナダを出国されると失効になりますので、この点もご注意ください。

平良ゆり

平良ゆり

2007 年UBC にて経営学修士(MBA)を学ぶために渡加。当時5 歳と8 歳の娘2 人を連れ、知り合いの全くいないバンクーバーにてシングルマザーとしての子育て& MBA プログラム両立は想像を超える厳しさ。卒業後は自身の経験を活かし、移民・キャリアコンサルティング会社を設立。UBC キャリアプログラムでのインタビュー指導、カナダ・日本でのキャリアワークショップ、そして個人インタビュートレーニングも行う。2011 年にはBC 州公認キャリア指導者に認定。カナダ政府公認移民コンサルタントでもあり、移民を見据えてのキャリアカウンセリングが定評。 Shine Canada #618-602 W. Hastings St.Vancouver, BC V6B 1P2 Tel: 604-828-9804 Fax: 604-648-8504

こんな記事も読まれてます。