国内申請配偶者Work Permit取得が更に1年延長

Yuri の ビザ・移民 情報

visa現在プロセス期間が26ヶ月という長期に渡っているFamily Classの配偶者スポンサー国内申請ですが、国内申請を選ばられる方の最大の利点は申請後に取得できるWork Permitでしょう。

永住権申請結果を待ちながらカナダ国内で就労できる機会が得られる国内申請を選ばられる方の数はやはり多く、カナダ政府が頑張ってもなかなかプロセス期間の短縮が測れませんでしたが、2016年度は2千5百万ドルを投じプロセス期間短縮化に向けて本格的な動きがあり、更に昨年12月にはプロセス期間を12ヶ月に短縮すると公に宣言までしました。

プロセス期間が短く、そしてWork Permit(就労許可証)取得も可能になるとなれば、国内申請を選ばれる配偶者・コモンローパートナーの方が増えるのは確実なのですが、この国内申請者のためのWork Permitはそもそもあまりにも長期化したプロセス期間のため一時的な問題解決策として始まったもの。
プロセス期間が12ヶ月と短縮化されるのであれば、Work Permit申請資格はなくなるのではと思いきや、カナダ政府は2017年12月21日までSCLPC国内申請配偶者・コモンローパートナーはWork Permitを申請できるように延長を決定しました。
Spouse or Common-law Partner in Canada (SCLPC) クラスのWP申請方法は下記の通り

既に国内申請をされていて、未だスポンサー審査結果を受理されていない方
Work Permit申請書類を申請費($255)とともに下記Case Processing Cetreへ郵送

CPC – Vegreville
WP _ Unit 777
6212 – 55 Avenue
Vegreville, AB
T9C 1X6

既にスポンサー審査を通過されている国内申請者の方
オンラインにてWork Permitを申請することができます

これから国内申請をされる方
スポンサー申請書類・永住権申請書類とともにWork Permit申請書類を下記へ郵送

普通郵便
In-Canada Sponsorship
CPC – Mississauga
PO Box 5040, Station B
Mississauga, ON
L5A 3A4

クーリエ
Case Processing Centre – Mississauga
2 Robert Speck Parkway, Suite 300
Mississauga, ON
L4Z 1H8

SCLPC国内申請プロセス期間短縮化に向けての対策はここ数年行われてきましたが、結果は依然変わらずという状況だっただけに、今回の「12ヶ月間」宣言が実現することを願います。

平良ゆり

平良ゆり

2007 年UBC にて経営学修士(MBA)を学ぶために渡加。当時5 歳と8 歳の娘2 人を連れ、知り合いの全くいないバンクーバーにてシングルマザーとしての子育て& MBA プログラム両立は想像を超える厳しさ。卒業後は自身の経験を活かし、移民・キャリアコンサルティング会社を設立。UBC キャリアプログラムでのインタビュー指導、カナダ・日本でのキャリアワークショップ、そして個人インタビュートレーニングも行う。2011 年にはBC 州公認キャリア指導者に認定。カナダ政府公認移民コンサルタントでもあり、移民を見据えてのキャリアカウンセリングが定評。 Shine Canada #618-602 W. Hastings St.Vancouver, BC V6B 1P2 Tel: 604-828-9804 Fax: 604-648-8504

こんな記事も読まれてます。