好きな人の「いいとこ探し」をする

sun1

第10回 好きな人の「いいとこ探し」をする

 このタイトル、あなたにどう響きましたか? 

 好きな人との関係が少し不安定になったり、相手から振り向いてもらえてないと感じると、相手を愛しているのかどうかという思いよりも、相手のことをこのまま愛するべきか、それとも愛を止めるべきかどうかという考えになってしまっているかもしれませんね。
 こう感じる時って、相手の行動があなたの思い通りに動いていないから不安に感じてしまっている時かもしれません。ですが、愛を育てるためには、たとえ相手の行動に対して満足度が高くない時でも、相手のいいところに常に目を向けようとする気持ちが大切ではないかと思います。相手の嫌な行動を軸にしてその人に対する不信感を育てるのではなく、”あなたが好きになった人のいいところをたくさん探す。そして、信じるという視点で、もう一度こころを整えてみる。
疑うことよりも、信じる。そうすることで、あなたの愛はとてもいい感じでまた育ち始めます。

 あなたが相手に不信感を持ってしまうと、それが見えないエネルギーとして相手に届いてしまうので、反対に相手もあなたに不信感を抱いてしまいます。そうすると、相手もあなたを愛することに対して不安を感じてしまうので、あなたに愛ある行動を起こすことにためらいを感じてしまいます。相手があなたの思い通りに動いてくれずライラしている時は、もしかしたら、これが大きな原因の1つになっているかもしれません。

■パートナーシップを最も育てるのは会っていない時!?
 意外かもしれませんが、パートナーシップを最も育てている時は彼/彼女と会っていない時。1人で過ごしている時間の使い方が2人の関係の土台を作っている時なのかもしれません。

パートナーと会っていない時は自分自身との関係を深めている時。あなたが自分自身とどう向き合い、自分に対してどう接しているのかがとても大切になってきます。

・自分自身に明るい言葉をかけ、励まし、未来を明るく前向きに歩もうとしているのか。
・こころとカラダにいい栄養を与えているのか。
・色々なことを吸収したり、新しい体験を通して、知識を知恵に変えていることができているのか。
・また友達を大切にし、深い人間関係を築く努力をしようとしているかどうかも大きなポイントになります。

このようにまず自分自身といい関係を作ろうとする心構えと前向きな努力がパートナーとの絆を強くすることができる大切なポイントになります。もしあなたがパートナーから「重い」と思われていたり、そう思われることを恐れている時は、自分自身との関係より、相手との関係を深めようと努力の優先順位が間違っている場合かもしれません。

■カップルミーティングを定期的に行ってみる!
北米のリサーチによると、カップルミーティングをしているカップルは長続きすると言われています。お互いが何でも正直に意見できる環境を定期的に作っておくと、ますます深い信頼関係を築ける大きなチャンスになるかもしれませんね。「絆を深めるカップルミーティングの行い方」は私のウェブサイトにアップしていますのでぜひ参考にして下さいね!

Sunnyからお知らせ!
sun2
心理カウンセリング・スピリチュアル・カウンセリング/マクロビオティック・コンサルテーションは随時受け付中!

7月のワークショップ「え!?私の脳が恋してる!?愛の引き寄せパターンと脳の関係&絆を深めるパートナーシップの作り方」いい関係を作るためには、まずは自分が陥りやすい“恋愛パターン”を知ることから。

この記事がお役に立ちましたら「いいね」してください。


Sunny Chung

Sunny Chung

大阪府出身。BC州認定心理カウンセラー。 米国ワシントン州シアトル大学で心理学の学士号を取得。シアトルシティー大学院で経営学修士(MBA)取‬得。バンクーバーのアドラー大学院で心理カウンセリング修士課程(MCP)修了。過去10年間アメリカの企業や UBC で人事兼トレーニングマネージャーとして各部署のコミュニケーションを含め、色々‬な人間関係や仕事上での問題解決方法をコーチング。現在は、心理カウンセリングを通し、クライアントのエネルギーを読みな‬がら各自の潜在意識にアクセスし、コアのブロックを外し、人生をリセットするためにどんな「気づき」が今必要なのかを分かりやすく伝えている。‬またホリスティックライフコンサルタントして、マクロビオティック、東洋医学、心理学、脳科学、スピリチュアルなど‬を取り入れた独自のメソッドを確立。各種セミナーでは深い気づきをたっぷりの愛と笑いで与えている‬。

こんな記事も読まれてます。