”リケジョ” が PEI で、カナダ生活を満喫!

w1

渡邉 美穂(わたなべ みほ)

 2014 年4月にワーホリで渡航して、夏にプリンス・エドワード島に移動しました。w1

ワーホリに来ようと思ったきっかけは何ですか?

渡邉:もともと英語も海外も興味はなかったのですが、兄が台湾転勤になり、その時に初めてパスポートを取って遊びに行ったんです。

帰りのチェックインカウンターで何を言われているのかさっぱりわからなくて、英語は必要だなと。

それから友だちとイタリアに行ったりして、海外に興味を持ち始めた頃、幼馴染がワーホリに行くことを知って、私も行きたいなと思いました。

仕事を辞めるのは大きな決断でしたし、周りにも反対されました

が、

今行かないと後悔する

と思って決めました。

プリンスエドワード島(PEI)に行かれたんですよね。

渡邉:先にカナダ入りしていた幼馴染がPEI のB&B で働いていて、話を聞いていたので、観光シーズンに行きたいと思っていました。4 月にバンクーバーに来て3 ヵ月語学 学校に通った後、ちょうど、その子が以前働いていたコリアンレストランで求人が出ていると教えてくれて、7 月から寒くなる前までの予定で行ってみることにしました。

お仕事はいかがでしたか?

渡邉:カフェで働きたかったのですが、観光シーズンが始まっていたので、すでに雇っているところが多かったです。カフェの数自体少ないですし…その点がちょっと出遅れました

これからワーホリで行こうという人はシーズン前に行くのが良いと思います。

私はずっとコリアンレストランで働きました。お客さんとは英語ですが、使う表現はいつも一緒なので、仕事で英語が上達した感じはしませんでしたね。

滞在先はどうやって見つけましたか?

渡邉:最初の1ヵ月は、日本人のシェアハウスです。PEIでは、家や仕事探しに『Kijiji』を利用している人が多く、私も探したのですが、結局友だちが紹介してくれたホームステイにしました。w2

予定よりも長いPEI 滞在となったようですが、なぜでしょう?

渡邉:寒いのが苦手なので、寒くなったらバンクーバーに戻ろうと思っていたんですけどね( 笑)。

街がかわいらしくてきれい ですし、昔ながらの田舎と言う感じで、すれ違う人が必ず挨拶をしてくれる。

イメージ通りのカナダの風景で、人も優しくて、道を歩いていると車に乗って行くかと声をかけてくれたり、 居心地が良くて気に入ってしまいました。

PEI でお気に入りの場所を教えて下さい。

w4渡邉:レンタカーを借りてライトハウス巡りをしたのは楽しかったです。車が多くないので、運転も大丈夫でした。アンのミュージカルがあって、特に『Anne and Gilbert』が会場も狭くてすごく間近に見られるのでお勧め です。あとは、定番のGreen Gables も良いと思いますね。

PEI の冬はいかがでしたか?

渡邉とにかく寒い! 

家の中は暖かいですが、外は体感温度マイナス20 度とか。

お洒落をするというよりも、暖かく着られれば良いという感じだったので、ある意味楽でした( 笑)。

今年は暖冬で、雪は1 月くらいに降り始めましたが、ストームもありました。クリスマスは、ホームステイ先のファミリーと一緒に過ごしました。

チキンを焼いたり、マスタードピクルスを作ったり、家族に伝わるレシピのケーキを焼いたりしてくれました。

もうすぐご帰国ですね。これからのご予定は?

w3渡邉:今は、バンクーバーでJ-shineのプログラムを取っています。英語って楽しい!ということを伝えられる仕事に就きたいと思うようになりました。

研究職をしていた頃と比べて、世界が広がったと思います。

ホームステイをしたことによって、地元の人の生活や文化も知ることができたし、ファミリーとも仲良くなれました。

思い切ってワーホリに来てすごく良かったです。


こんな記事も読まれてます。