『BACK AND FORTH BAR』
Ping Pong ができるSnack Bar

今回ご紹介しますのは、お酒をたしなみながらPing Pong ができるSnack Bar です。…というと、なんだ! そんなBar は普通じゃないか!
と思われる方が多いと思いますが、今回ご紹介するBar はなんと、卓球台が6 台も揃っている、今までにない新しいスタイルのPing Pong Bar 『BACK AND FORTH BAR』です。

このお店の面白いところは、食べ物をサーブせず、お客様が好きな食べ物が持ち込こめる、ということなのです。手軽なチップスやちょっとしたカップラーメンは用意しているようですが、他のよくあるBar と違い、フィンガーフードもなければ、バーガーやタコスなど、しっかり食べられる料理もこのBar では全く提供しておりません。
 そのため、お店で卓球をしながら、他の店から料理を頼んでデリバリーしてもらってもOK ですし、夕飯を他のお店からテイクアウトをして持ち込みし、このBar で飲み物だけ注文して、飲食しながらピンポンを楽しむことができるというわけです。
 ちなみに、取材に行った日にBar でピザの出前オーダーをして、届いたピザを食べているお客さん達がいたので、写真を撮らせていただきました。お財布にも優しいし、好きなものを持ち込んで食べられるので、食べ物の趣味が合わない友達と一緒に来店しても、それぞれ好きな食べ物を外から持ち込めばいいわけですから、食べ物の好みが合わないからお店が決まらない!という悩みは一気に解消されます。
 また、このBar のあるガスタウンエリアには多種多様なレストランがあるので、6 人でBar に集合して、それぞれが、寿司、タコス、サンドイッチ、バーガーをいろんなところから買って持ち込むことができるので、ポットラックパーティーをしたい方にも最高な場所ですね!!! もちろん、お家で作って持ってきてもよいわけですから、パーティ会場がないけれど、食べ物のコストを抑えたい、という方にもお勧めです。
 オーナーのRegan さんはご両親がベトナムからバンクーバーに移住され、バンクーバー生まれのバンクーバー育ちで、イギリス、ニュージーランド、トロントと移り住んで来ましたが、他都市での経験を活かして、バンクーバーの遊び場にこういうオプションがあっても良いのではないか、ということで、このBar を開こうと思ったそうです。


 残念ながら未成年者(18 歳以下)は入店ができませんが、成人でお酒が飲めない人でもジュースや炭酸飲料があるので、食べ飲みしながら温泉卓球でも、真剣卓球でも、どんな方にも楽しんでもらえる場所です。
 料金は時間制で卓球台を利用しますが、バケツいっぱいに入ったボールとラケットを貸し出ししてくれますので、手ぶらでいけますし、ボールが飛んでいっても、ボール拾いをしてくれるスタッフが専門にいるので、球拾いをしなくて良いのも、とても魅力的です!! 特に打つのが下手な筆者には大変ありがたいサービスでした!
  ちなみに、皆さんは卓球のルールをご存じですか? 卓球は、5セットマッチの3セット先取です。先に11点取った方が、そのセットを取ったことになります。デュースの10 - 10 からは、先に2点取った方が、そのセットを取ることになります。セットカウントが2-2のフルセットになった場合は、どちらかが先に5点取った時点で、チェンジコートを行います。とってもシンプルですね!
 また、こちらのBar にはピンポンテーブルの他、ボードゲームや任天堂ゲームが用意されており、まるで、家でリラックスしているような錯覚に陥ります。

卓球台の利用料金は曜日によって異なりますし、曜日によっては混み合うため、予約をされることをお薦めします。

汗を流しながら飲むビール🍺も、また一段と美味しいですよ♪

 卓球台の料金
【日〜火  $10 /hr 】【水・木  $15 /hr 】【金・土  $25 /hr】


Izumi Hance

Izumi Hance

北海道帯広出身。1996 年よりカナダに移住。 お酒が3 度の飯より大好きで、美味しいものを食べることや期間問わず色んな所へ旅行をするのが趣味。 常に新しいもの、面白いもの、美味しいものを探し回っているアラフォーお気楽女。

こんな記事も読まれてます。