『サーモンさつま揚げ』の作り方
by Naomi Cooking

naomi

ホームメイドのさつま揚げは、やみつきになるほどの美味しさです。
ナオミ先生の代表的レシピのひとつで、Province 紙にも掲載されました。フードプロセッサーを使って、驚くほど簡単に作れます。冷凍保存も可(2ヵ月まで)。サーモンの美味しい夏に、ぜひチャレンジしてみましょう。

satsumaage〈材料〉 4人分

サーモン………………………約300g
……………………………………2 個
ニンジン(中)……………………2 本
サツマイモSweet Potato(中)……1 個
グリーンピース(冷凍)………1/2 カップ
砂糖………………………大さじ3~4
………………………小さじ1+ 1/2
醤油……………………………大さじ1
………………………………大さじ1
みりん…………………………大さじ1
コーンスターチ………………大さじ4
・サラダ油 適宜 

〈作り方〉

ニンジンとサツマイモを、それぞれおろしておく。(*チーズグレーターの最も目の粗いおろし金を使用。)
サーモンを細かくなるまでフードプロセッサーにかけ、ここに卵を加えてさらに撹拌する。
ニンジン、サツマイモ、調味料(コーンスターチ以外)の順に加えて、フードプロセッサーでよく混ぜる。最後にコーンスターチを入れて、さらによく混ぜる。
フードプロセッサーからボウルに取り出し、グリーンピースを加えてヘラなどでよく混ぜる。
④を大さじ大盛り1杯くらいを取り、水で濡らした手で平たい丸形を作り、低めの温度の油でゆっくりと時間をかけて、美味しそうな色がつくまで揚げる。

先生のここがポイント!

👉スプリングサーモンなどの、安価なサーモンで作った方が美味しいです。
👉サツマイモのかわりにジャガイモを使うと、また違った美味しさになります。
👉グリーンピースの代わりに、生のインゲンマメ(約10 本)を1 センチ程度に切ったものを使っても良いですよ。
👉約165℃の低温の油で、ゆっくりと揚げましょう。一度に油の中にたくさん入れすぎないこと。天ぷら同士がくっつかないように、余裕をもって揚げてくださいね。


清水ナオミ

清水ナオミ

25 年間ニューウエストミンスターで、カフェを経営。ホームメイドのメニューはどれもローカルの人々に『おふくろの味』と絶賛される腕前。毎回日本人の口に合うカナダ料理や、カナダの食材を使ってできる日本の味などを、先生の長年研究してこられたレシピの中から紹介していただきます。
ブログ:Naomi's Cafe Vancouver
FB:Naomi’s Cafe Vancouver

こんな記事も読まれてます。