Naomi’s Cooking
ポーク・サモサ

shimizu063インド料理の代表・サモサ。優しい味のナオミ流サモサなら、いくつでも食べられてしまいそう。皮も手作りですが、手順は意外と簡単。これからの季節、ピクニックやポットラックにもぴったりです。

shimizu06 shimizu061

先生のここがポイント!

*カレー粉の分量は、お好みで調節してください。
*サモサの周囲は、フォークでしっかりと押さえてください。十分押さえていないと、揚げている時に口が開いてしまいますよ。
*油の温度は、サモサを入れた時に“ジュン”と音がするくらいが目安です。フィリングには火が通してあるので、外側が色づくくらいまで揚げればOKです。
*サモサの皮が余ったら、細く切って揚げてみましょう。かりんとうのような感じの、美味しいスナックになります。
shimizu062


清水ナオミ

清水ナオミ

25 年間ニューウエストミンスターで、カフェを経営。ホームメイドのメニューはどれもローカルの人々に『おふくろの味』と絶賛される腕前。毎回日本人の口に合うカナダ料理や、カナダの食材を使ってできる日本の味などを、先生の長年研究してこられたレシピの中から紹介していただきます。
ブログ:Naomi's Cafe Vancouver
FB:Naomi’s Cafe Vancouver

こんな記事も読まれてます。