We Love 『クラフト ビール』6
Brewhall

Brewhall』今年7月にオープンしたばかりのブルワリー兼レストラン

 Brewhallは、以前Steel Toad Brewpubがあった場所でBrewery Creek とも呼ばれるオリンピックビレッジにあり、エキスポラインのMain駅、もしくはカナダラインのOlympic Village駅から歩いて約10 分と、アクセスしやすいとても便利な場所にあります。  
 このBrewhall の創始者は醸造コラボを全く新しいレベルにし、人々がインスピレーションを受けたり、与えたりできるコミュニティーホールを創造することが夢だったそうで、会議やパーティーの場所として利用したり、1人で静かに、もしくは友達と軽く飲んだりと、色々な目的でこのHall を利用できるよう、コンセントやUSB プラグインがついた静かな場所から、アーケードの人気ゲーム(ピンボール、テトリ ス、パックマン)が揃ったBeercade エリアまで、大きなホールの中に色んな目的の人達が集合できる、1人でも複数でも楽しめる場所を提供しています。    
 このBrewhall の特徴はコラボレーションビールに焦点を当てていることで、10 タンクあるうちの8タンクはここのHall 用、残り2タンクは缶や小樽用だそうです。
 私の一押しは、もちろん他の醸造所と作られたコラボビール! 以前にご紹介しましたParalle 49とコラボして作った、“Ch-ch-cherry Cola Sour” や、このBrewhall があるBrewery Creek にある近所の醸造所7軒とコラボして作った、“Belgian White IPA” は是非ご賞味ください! その他、ゲストタップ(他の醸造所のビール)も充実しており種類も豊富です。
 また、ビールの他にも、様々な地元のワインやカクテルもあるので、ビールが苦手な方でも、他の飲み物で一緒に楽しめる空間です。
 Brewhall のカジュアル・フードメニューには、地元の新鮮な食材を使って作られた、健康的なお料理が揃っており、テイクアウトも可能だそうです。
 今現在、Brewhall で醸造されているビールはコラボを併せて全部で8種。4種類のビールが一度に楽しめるフライトもあるので、フライトを2つ頼んで、8種類すべて挑戦してみるのも楽しいかもしれません。これからも他の醸造所とのコラボビールが増えていくようなので、乞うご期待!

スライドショーには JavaScript が必要です。


Izumi Hance

Izumi Hance

北海道帯広出身。1996 年よりカナダに移住。 お酒が3 度の飯より大好きで、美味しいものを食べることや期間問わず色んな所へ旅行をするのが趣味。 常に新しいもの、面白いもの、美味しいものを探し回っているアラフォーお気楽女。

こんな記事も読まれてます。